ブルパワー.com

仕事や趣味、健康、お金など、50代からの人生を豊にするための生き方を思案中。

スポンサーリンク

 

【仕事】-ビジネス・経営

令和時代のビジネスと働き方「終身雇用は既に終わっている」【番外編】正社員という働き方の行方

「終身雇用は既に終わっている」の記事を書こうと思ったのは、多分2か月ほど前のことだと思う。 www.bullpowerworld.com www.bullpowerworld.com 会社で正社員を募集して、雇用に関していろいろ考えたことがきっかけだ。応募者のなかにはフリーランスの人も…

令和時代のビジネスと働き方「終身雇用は既に終わっている」【後編】ひとつのビジネスモデルで利益を生み出せるのは20年

トヨタの社長が「終身雇用」を続けられないと言い、あれだけ危機感をもっているのは、クルマを生産してセールスするモデルの終わりが見え始めているからだ。「そう遠くない未来、多くの人はクルマを運転しなくても、ましてやクルマを所有しなくても目的地ま…

令和時代のビジネスと働き方「終身雇用は既に終わっている」【前編】大企業すら終身雇用を保証できないと言い始めた

トヨタの豊田章夫社長が「雇用を続ける企業などへのインセンティブがもう少し出てこないと、なかなか終身雇用を守っていくのは難しい局面に入ってきた」と言った。 端的に言えば、今後、終身雇用を続けていくのは無理だと言っているのと同じだ。 「新卒一括…

【転職活動】書類審査で意外な人を不合格にする理由

自分の勤めている会社の社員の年齢がいつのまにか40歳をゆうに超えて、ベテラン社員たちには病気やらや親の介護やら、何だかんだ生活上の課題を抱えるようになり、「会社が年をとるとはこういうことか!」と最近実感していることを以前に書いた。 www.bullpo…

50歳からの転職を甘く見ている人は多い。若い人は反面教師として考えて欲しい。

自分の知っている同年代の仲間で、転職活動や就活している人はあまり聞いたことない。もう、ほぼやるべきことが見えているし、あとはどうフィニッシュラインを切るかを考えている年代だ。 ただ採用活動をしてみると、この年代で転職や就職を考えていたり、実…

会社が歳を取ったなぁ~と思う話

創業当初の企業なんてどこもブラック企業 自分の勤めている会社は20人にも満たない小さな会社だけど、創業してほぼ四半世紀。 もちろん超零細企業なんで新卒の定期採用とかもなく、人が辞めたり、業務量が増えて人手が足りなくなったら人を採用するという具…

軽減税率導入のごまかしと意思決定の本質に思う。

軽減税率導入のごまかし 先日、部下が訪問先の手土産に買った経費の精算のために持ってきたレシートを見て驚いた。(写真の女性は部下ではありません・・・残念) いくつかのお菓子の種類を詰め合わせもらったらしく、お菓子自体は8%、箱代は10%の消費税…

ホンダF1の裏側の話を聴いてきた

世界で戦う人の話を聴いてきた 先日、ホンダのF1チームのマネージングディテクターである山本雅史氏とPU(パワーユニット)開発責任者の浅木泰昭さんの講演を聴く機会があった。 ホンダがはじめてF1に参戦したのは1964年だというから、52歳になる自分が生ま…

「スポーツカーを開発するためにBMWと組む」【新型スープラ】開発責任者多田哲哉の講演を聞いて考えたこと Vol.1

ポートメッセなごやで開催された自動車関連の展示会「名古屋オートモーティブワールド」に行ってきました。目的はトヨタ自動車 GAZOO Racing Companyのチーフエンジニア(CE)多田哲哉氏の「新型スープラを造る 時代を超えた継承と想像」という講演を聞きに…

【MBA必読書50冊】顧客の84%は新しい商品やサービスを買わないらしい。

ただ遊んでいる気ままなサラリーマンのようですが・・・実は! 普段、バイク乗って山登って、遊んでばかりいそうなブルさんでも、実は勤めている会社で一応経営の一端を担っているわけです・・・(マジで) といっても社長ではなくて、かっこよく言えばCOO(…

【マツダファン必読】マツダ復活劇の裏側を余すことなく書かれている1冊『マツダ-心を燃やす逆転の経営』(日経BP:2019年)

「マツダ地獄」って知っていますか? 昔のマツダは、買った次の日に半値になるなんて言われて、下取りが安いから乗り換えるときも比較的高値で取ってくれるマツダで買うことになって、無限ループみたいにマツダのクルマに乗り続けることをいいます。 近年で…

スポンサーリンク