Bullpower.com

仕事や趣味、健康、お金など、50代からの人生を豊にするための生き方を思案中。

本サイトはアドセンス・アフィリエイト広告を利用しています。

 

【雑感やや毒舌】大谷くんとか羽生くんとか自民党とかの話

 

 

大谷選手のドジャース移籍のニュースが騒がれている。そりゃそうだ。日本人にとって久しぶりのスーパースターといってもいい。完全に王や長嶋越えてる(たとえが昭和で草) 

 

エンゼルスからFAになっていた大谷翔平投手(29)が9日(日本時間10日)、ドジャース入りすることを自身のインスタグラムで明かした。代理人のネズ・バレロ氏も合意を表明。契約総額ではプロスポーツ史上最高となる10年総額7億ドル(約1014億円)のメガ契約で、身体検査を経て正式発表される。

news.yahoo.co.jp

MLB史上最高額を大きく更新する10年総額7億ドル(約1014億円)での契約。2004年に不動産会社代表で前オーナーのマッコート氏がド軍を買収した際の金額が4億3000万ドル(約460億円=当時のレート)だった。エンゼルス、ブルージェイズ、ジャイアンツなども争奪戦に加わっていたとみられるが、球団買収額を超えるほどの破格の条件で本命視されていたド軍入り。二刀流でワールドチャンピオンを目指す大谷にとって、新天地は環境面でも“最適解”だった。

 

もうちょっと金額がバグってて、どのくらいスゴいのか意味不明だけど、球団買っておつりが出るほどの金額ってなに? 昼のランチに1000円出すかどうかで悩むサラリーマンにとっては現実感ない桁数万円。逆にドジャースがこの先経営していけるのか心配になるわ。とは言え10年間で総額支払うのではなく、年金のように何十年にもわたって支払われる契約なんだそうな。長期ローンだな。

 

ゆうてもただの野球選手。もちろん大谷くんの二刀流という前代未聞の活躍も、伝え聞くマジメでストイックな性格も重々承知の上で、敢えて言わせてもらえば個々人の生活にとってはなにも影響なければ利便性も利益ももたらさない職業だ。プロスポーツすべてがそうだ。企業ならスポンサーになって広告見てもらえたり商品売れたりはあるだろうけど、それで給料増えたりボーナス出たとか聞かないし。

 

大谷というブランドや商品価値としてその値段がつくってことだから、美術品に近い感じなんだろうけど、やっぱり金額のデカさに(大谷くんを取り巻く環境が)狂っているとしか思えない。

 

*  *  *

 

彼はまだ独身で、いずれ結婚もするんだろうけど(知らんけど)。そうするとお相手も相当プレッシャーだよね。メンタル鋼じゃないと務まらないだろう。ただ、彼の遺伝子が引き継がれていくことは人類のためでもあるような気もするので、よいお相手が現れることを願っている。

 

そういう話になると、羽生弓弦くんは可哀相だよね。結婚したと思ったら嫁さんにファンからの誹謗中傷で耐えられず即離婚とか。気の毒で仕方ない。こういうスーパースターな人は、結婚したら海外で暮らすしかないんだろう。イチローや松井、ダルビッシュはもう帰ってこないし帰る気もないだろう。羽生くんが仙台にこだわるのは理解できるけど、一時的にも海外に避難するとかできなかったのだろうか?

 

スポーツでも芸能でも夢を売る商売って、何かを捨ててでしか得られない世界なんだろう。実態は弱肉強食で残酷な世界だ。あたしゃ傍観者で十分だ。いや傍観者にしかなれないけど💦

 

*  *  *

 

大谷くんにしても羽生くんにしても(個人的には将棋の藤井聡太くんも)、自分が努力して今の地位まで上り詰めて大金を稼いでいるという事実は間違いない。それは(自分にとって関係あるかないかは別にして)素直にスゴいことだと思う。

 

正しい努力とその成果だ。

 

その対極にあるのが自民党。パー券に裏金。そんなにクリーンな世界じゃないとは薄々気づいてはいるけど、本当にこいつらは何やっているんだろう。そしてたちが悪いことに、こいつらの発言や行動が我われの生活に直結することだ。

 

権力と金。金と権力。

 

権力を持っているヤツに金が集まるのか、金を持っている人に権力が集まるのか。どっちかわからないが、とにかく政治の世界は金にまつわる不正や闇が多すぎる。

 

政治をやるにはお金がかかるという。公設秘書だけじゃ足りず、私設秘書を雇い、後援会をもてなし、事務所の経費やその他諸々。そして人を飼い慣らし票を集めるお金も必要。国会議員はとにかく金がかかるらしい。その国会議員を既得権益団体や宗教団体が取り巻いてさらに利益をむさぼる輩達。

 

そんなことはつゆ知らず、労働者は給料から税金や社会保険料が天引きされ放題。それを無職のじいさんばあさんに大盤振る舞いでばらまいて票稼ぎ。子どものためのお金は予算がないと雀の涙で所得制限やら子どもの人数で制限掛けられてもらえるもんももらえない。

 

じゃあ選挙に行けというけど、シルバー民主主義で高齢者に政策も予算も偏り、さらに「民主主義の皮を被った社会主義」の日本では選挙なんかじゃ何も変わらないことを国民は知っている。そして若い奴らにスマホとゲームとSNSを与え、政治に関心を持たせず投票させない。ネット投票になれば確実に投票率上がるのに、それじゃ困る政治家多い。若者は黙って寝ててくれ。そして自分たちは国会でうたた寝(笑)

 

でもなぁ。じゃあ海外に移住するかと言えば日本はなんだかんだ暮らしやすいし飯もうまい。労働者はX(Twitter)で不満をポストして政権批判で盛り上がって憂さ晴らし(あたしもだよ!)。そして表面上は何ごともなかったように働き、税金と社会保険料を納め続ける。頼みの綱の年金も定年が先送りされ、支払年数が延長されてゴールが遠のく _| ̄|○ 絶望・・・

 

こうして飼い慣らされていくんだ。だから大谷くんは希望の星なんだ。

 

グループ参加しています。
この記事がお気に召したらポチッといただくと励みになります
<(_ _)>

 

 

ブルさんX(旧Twitter)やってます

 

 

スポンサーリンク