Bullpower.com

仕事や趣味、健康、お金など、50代からの人生を豊にするための生き方を思案中。

本サイトはアドセンス・アフィリエイト広告を利用しています。

 

「ぎふの旅キャンペーン」で「都ホテル岐阜」に泊まってきた。

 

コロナで打撃を受けた観光業を支援するためのキャンペーンがはじまっているよね。

 

GoToトラベルのような大々的なものではないけど、都道府県民割みたいなヤツ。

 

岐阜でも下のリンクにあるように「ぎふの旅キャンペーン」というのがあって、宿泊料が最大5000円まで補助されて、なおかつ「ぎふ旅コイン」という飲食店や土産屋さんで使えるポイントが2000ポイントもつく。

 

www.gifutabi-cpn.jp

 

普段車で通勤しているから、飲みに行った帰りには代行使うことが多い。大体飲み屋街の柳ヶ瀬から自宅まで5000円ぐらいかな。

 

そう思うと、キャンペーンを使えば、2~3000円ぐらいでホテルに泊まれて、かつ2000円のポイントが付くからお得じゃない。それに帰りの代行待ちとかの心配もない。

 

「まん防」が明けてから、チョイチョイ飲みに行っていて、そのたびに「ぎふ旅キャンペーン」使っていたので、6000ポイントぐらい貯まっている。それが5月末で期限が切れてポイントが失効しちゃう(と、思ったら6月末まで延長になったみたいだけど・・・)

 

スマホにアプリをインストールして使う。支払はpaypayでお店のQRコードを読み取る要領で支払える。スクショの画面は使っちゃったあとのもの。

 

せっかく貯まったポイントなんで、期限内に使ってしまおうと、金曜日にホテルを取って飲みに出かけた。

 

こんなときだから、普段はあまり泊まることのない高級なホテルもいいだろうと、長良川の岸辺にある「都ホテル岐阜」を予約した。ダブルのシングルユース、朝食付き。割引がなきゃ飲みに行くだけで泊まるホテルではない。でも、たまには朝、高級ホテルでゆっくりするのもいいだろうと奮発した。

 

フッターイメージ

www.miyakohotels.ne.jp

 

「ぎふ旅」は楽天トラベルからクーポン取得して利用できるよ。↓ ↓ ↓

 

 

 

*  *  *

 

金曜日。

 

会社が終わってからまずはホテルへ向かう。職場からホテルまでそんなに距離はないけど、帰りの通勤ラッシュで少し時間がかかった。

 

 

やっぱり、いつものビジネスホテルとは違うね。

 

「ぎふ旅キャンペーン」でチェックインするときには、ワクチンの3回接種の証明書が必要で、これは絶対忘れてはいけない。その他、なんかよくわからん何枚かの書類にサインしなければならない。

 

 

ダブルのシングルユースで予約したけど

 

 

もう少し部屋が広いツインの部屋にアップグレードしてくれた。

 

 

コーヒーやお茶、ミネラルウォーターなどのサービス。

 

 

窓の外は、眼下に長良川競技場。FC岐阜のホームグラウンド。残念ながらJ3まで降格してしまった。今期こそはJ2に昇格してくれよ!

 

 

 

*  *  *

 

部屋に荷物を置いて、バスで駅近くの繁華街まで出かける。いつもの行きつけの居酒屋は「ぎふ旅コイン」が使えないので、使えるお店をアプリで検索して、よさそうなイタリアンのお店にした。初めてのお店だ。地元の食材を使っているという。岐阜は野菜もお肉もおいしいからね。

 

www.ureshino.jp

 

 

 

まずはオードブルいただく。クリームチーズと豆乳のプディング(和だしのジュレ)やタンドリーチキン、白身魚をピリ辛で和えた物など3種類。ワインは信州ワインがあったので(信州ワインはフルーティで結構好きだ)、それをデカンタでもらう。グラスだとすぐなくなっちゃうからね。

 

 

パスタは、濃厚カルボナーラ。本当に濃厚でベーコンも厚めのものがゴロゴロ。もう一品ぐらいと思ったが、結構これでお腹がいっぱいになる。

 

カウンターでいただいていたのだが、見回すとお客は自分一人になっていた。料理を運んでくれた若い女性の店員さんが、「こちらは初めてですよね。いかがでしたか?」と話しかけられたので少しお話しする。

 

「カルボナーラは本当にクリーミーで濃厚でおいしかったです。この店はいつから?」

 

「4年前にオープンしたんです。もう半分はコロナでした」

 

奥には年配のシェフがいる。てっきりこの人がオーナーで、この女性はアルバイトかと思ってた。

 

「そうですか。それは大変でしたね。ところで、このあたりでお姉さんお勧めのおいしいお店ってありますか? 同業者が一番おいしいお店知ってるから、お店の人によく聞くんですよ」

 

で、どこのフレンチがおいしいとかいくつかのお店を教えてもらって、話の流れから自分もおいしいと思うイタリアンのお店を伝えて、「一度参考までに食べに行ってみて」とお勧めして「ブルさんから聞いたって言えばわかるから」と自分の名刺を渡した。

 

そうしたら彼女も名刺を差し出してくれた。よく見てみると

 

「代表取締役 社長」の肩書き。

 

「えー! あなた社長さんだったの?! まだ20代じゃないの?」

 

「もうちょっといってますけど・・・・」

 

そりゃ失礼しました。いや、それでも立派だわ。若いのに。

 

ここはリピ決定だな。今度は友だちと来よう。ちなみにここの支払は、すべてポイントでまかなえた。

 

この後、いつものバーに寄って常連さんとマスターと会話しながらバーボンを2杯飲んでホテルに戻った。

 

*  *  *

翌朝。

 

お楽しみのホテルの朝食。

 

よくあるバイキングではなく、1人前ずつセットになっているようだ。バイキングはいちいち取りに行くのが面倒だし、あれもこれもと食べ過ぎてしまうので、席まで運んでくれるスタイルの方が好きだ。

 

和食と洋食が選べる。こういうホテルでは迷わず和食を選ぶ。

 

 

2段のお重になっていて、小鉢や焼き物、煮物、朴葉味噌まである。味噌汁はもちろん赤だし。めちゃくちゃ出汁がうまかった。ふだん、インスタントの味噌汁が多いから、ちゃんと出汁取った味噌汁がこんなにうまかったと感動したよ。

 

 

岐阜の名物の明宝ハムとこの緑のはだし巻きタマゴ。なんだろ?ほうれん草かな?

 

 

焼き物は金目鯛の西京漬け。

 

 

ごはんは、白飯と鮎雑炊が選べる。1膳は白飯、おかわりに鮎雑炊をいただいた。鮎はパリパリに焼いてあって、口に含むと鮎の香ばしい香りが広がる。

 

サラダバーとドリンクはセルフだったけど、食後にコーヒーいただいて、久しぶりにのんびり朝食をいただいた。

 

席の目の前は庭園が広がっている。



たまには、こんな高級ホテルで土曜の朝をゆっくり過ごすのもいいね。どうやら各県のキャンペーンは6月まで延長したらしいので、今度は北陸辺りまで(近県はOKみたい)足を伸ばそうかな?

 

 

f:id:bullpowerworld:20200726152002j:plain

ブルさんTwitterやってます

 

 

スポンサーリンク