ブルパワー.com

仕事や趣味、健康、お金など、50代からの人生を豊にするための生き方を思案中。

スポンサーリンク

 

【ホムセン箱を積むなら!】SR400にしっかり固定できて取り外しも簡単な最終形

 

 

 

 

北海道ツーリングに向けて、ホムセン箱の固定に一工夫加えてみた。

 

f:id:bullpowerworld:20190715160455j:plain

 

前回キャンプツーで積んだ時にタイダウンベルトだけで固定していて、ブレーキングのたびに少しずつホムセン箱が前にずれてきたんだよね。その時はザックを背負っていたので必死にザックで押し戻してたけど、これではあかん。ライディングに集中できない。

 

f:id:bullpowerworld:20190715163900j:plain


 そこで考えた・・・

 

ホムセン箱の底には台座がある。

 

f:id:bullpowerworld:20190715160638j:plain

 

そこにすっぽりとハマる木の板をキャリアに固定して、そこにホムセン箱を載せてタイダウンベルトで固定すれば、ホムセン箱がズレることもないし、タイダウンベルトを緩めればすぐに取り外しができるんじゃないかと。

 

ホームセンターで手頃な大きさの木の板を買って、その場で底の台座に合うように板をカットしてもらう。

 

角は丸くカットできないというので、家に帰ってからノコギリで角を落とし、ヤスリで丸みを出した。 

 

f:id:bullpowerworld:20190715161052j:plain

 

お〜〜‼️ バッチリではないか  (゚∀゚)

 

f:id:bullpowerworld:20190715161528j:plain

 

仮に載せてみる。

 

位置決めをしたら、板をキャリアに固定するための穴を開けます。

 

f:id:bullpowerworld:20190715161704j:plain

 

実は、昔買ったドリル(多分20年ぐらい前に買ったやつ)が全然回らなくなっていて(去年は動いてたんだけど💦)、新しいドリルを急いで買ってきた。なんだか、地味に出費がかさむよ (>_<)

 

高儀 EARTH MAN AC100V ドリル&ドライバー DDR-120

高儀 EARTH MAN AC100V ドリル&ドライバー DDR-120

 

 これは穴開ける位置をLEDライトで照らしてくれるんだ! 20年の進化がすごい。自分が買ったのはDDR–130でトルクが一つ上のやつ。お手頃な価格の割にはなかなか強力だ。

 

f:id:bullpowerworld:20190715164309j:plain

 

穴開ける位置を試行錯誤したのがよくわかる (^_^;) タイダウンベルトのフックをどの位置に引っ掛けるかで、センターが変わってくるんだよね。これがズレると安定してベルトをかけることができない。

 

f:id:bullpowerworld:20190715164605j:plain

 

金具で留める仕様にすると、さらに加工が必要なんで、そこは妥協してタイラップで固定することにした。

 

結構いい感じ (´∀`)

 

ベルトで固定すると

 

f:id:bullpowerworld:20190715164751j:plain

 

もうこれで、ホムセン箱がズレることもなく、ベルト緩めるだけで、すぐに外すこともできる。

 

ホムセン箱って、キャンプ地に着いたら外してテーブルや物置にもなるので、キャリアに留め具で固定するより簡単に取り外しができたほうが便利。

 

さらに、ホムセン箱の上に荷物を積んでも滑らないように、家に余っていたゴムマットをフタに貼ってみた。

 

f:id:bullpowerworld:20190715165406j:plain

 

最終形のホムセン箱完成です!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

やっぱりキャンプツーリングは、ホムセン箱で決まりですね(笑)

 

www.bullpowerworld.com

 

 

 

スポンサーリンク