ブルパワー.com

仕事や趣味、健康、お金など、50代からの人生を豊にするための生き方を思案中。

スポンサーリンク

 

SHOEI Jクルーズが大特価で思わず衝動買い

 

 

 

 

前回の記事はこちらから ↓

 

www.bullpowerworld.com

 

 SHOEIのジェット型のヘルメットを新調するなら、Jクルーズ2がいいと考えていた。インナーバイザーが装備されていて、シールドもちゃんとアゴまでカバーしている。

 

デザイン的には、イタリアとかのメーカーの方がセンスもいいし、デザインも垢抜けている。

 

 

f:id:bullpowerworld:20200520193544j:plain

 

プレミア Vangarde FL

 

ただ、なかなか現物を見ることも試着することもできないし、ネットで買ってフィットしなかったらショックも大きい。その点、SHOEIやアライの国産勢は安心感が違う。

 

*  *  *

 

 現物を見たくなって、小牧のライコランドまで行ってきた。

 

緊急事態宣言が解除された日曜日。結構な数のバイクが駐車場に停まっていた。

 

店内も混んでいて、メットの試着も順番待ちだった。

 

ひとまず、事前に調べておいたJクルーズ2を試着する。コロナ対策で口元のマスクに頭からすっぽり覆うシートを被る。暑い・・・

 

で、Jクルーズ2ですが、やっぱりフィット感がいい。ただお値段・・・

 

ご・ま・ん・え・ん 超えているよ(泣)

 

昔より1万円以上高い印象。

 

試しに、OGKカブトのEXCEEDも試着する。SHOEIの半額だ。

 

 

 モノはいいと思う。インナーバイザーもあるし。ただ、やっぱり被り心地はSHOEIには敵わない。そりゃお値段半分だもの。メットは命に直結するし、長い時間被っているから、ちょっとした違いで疲労感もかなり違う。妥協したくない。

 

他の棚を見ていると、WINSのA-FORCEという見慣れないメーカーのメットがある。見た目はなかなかいい。デザインも悪くない。

 

1つのメットが目に止まる。

 

なんと、シェル(帽体)がカーボンじゃないか!

 

それでいて、4万2000円の値札がついている。持ってみると確かに軽い。被り心地も悪くない。なにより黒いカーボンのシェルは見ているだけでも美しい。

 

f:id:bullpowerworld:20200519164930j:plain

 

A-FORCE RS JET(エー・フォース アールエス ジェット)|ヘルメット|ウインズジャパン

 

 

SHOEIのJクルーズ2より安くて、カッコよくて、軽くて、カーボン・・・

 

店員さんも、「このメーカーは悪くないですよ。この値段でカーボン買えるんですからね」とおすすめ。

 

実は、今回は下見と思っていた。今月クルマの税金カードで払ったし(Yahoo!公金払いでTポイントが使えちゃう!)、固定資産税もあるし。だから買うなら来月かなぁ~って。

 

もう一度Jクルーズ2を見て、被って、やっぱりSHOEIかな。

 

「そういや、最近割引のハガキとか来ないね~」(今回見送る作戦開始)

 

「いま、コロナで集客できないんですよ。だからハガキとか広告も打てなくて」

 

「そうか、残念。今度のセールっていつ?」

 

「もし、前の型のJクルーズでよかったら、在庫限りでセールしているんですけど」

 

「え? どこにある?」

 

「あちらになります」

 

カウンター横に1つ前のモデルのJクルーズが陳列している。

 

「被っていい?」

 

「どうぞ」

 

実際、走行してみなければ分からないが、被った感じだけは大きく違わない。2のほうがインナーバイザーが5ミリ長くなって、エアインテークの形状が変わっているようだ。シェルの後ろが丸いのがJクルーズ、シュッとしているのがJクルーズ2。専用のインカムの取り付けも装備されている。

 

「インカムとか使わなければ、こちらでも十分だと思いますよ。ソリットカラーだったらこのお値段ですし」

 

値札を見る。

 

税込で3万3000円!(定価・税込48400円)

 

もう、Lサイズだとクリアーのブラックしか残っていない。

 

「う~ん」

 

つや消しのブラックならよかったんだけど。クリアーはちょっと安っぽい。

 

「あと、Lサイズだと、グラフィックデザインのJクルーズ コルソが残ってます」

 

展示品がなかったので、箱を開けてもらった。

 

 

f:id:bullpowerworld:20200519165551p:plain

 

 

 

「おお~ なかなかカッコイイ! 好みのデザインだ」

 

「被ってみます?」

 

「それでは」

 

これはSRにも似合いそう。

 

「こちらは、値段が少し高くなってしまうんですけどね。それでも、結構がんばって引かせてもらってます」

 

税込3万9270円(定価・税込5万6100円)

 

・・・(しばらく無言)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「これ買います!」

 

何だよ。来月買う予定じゃなかったのかよ。オレ・・・_| ̄|○  

 

「見送り作戦」見事に返り討ち(爆)

 

店員さんも、たぶん買わない客だろうって思っていたんだろうな。「買う」と言って意外な表情していた。

 

「では、こちらでフィッティングしましょう!」

 

やる気が違う(笑)

 

*  *  *

 

フィッティングのカウンターで、頭のサイズを測ってもらい、調整用のパッドで補正してもらう。

 

「どうですか? お客さんの場合、Lサイズでドンピシャですね」

 

「ちょっと、頬から耳のあたりがキツいかな」

 

「では、チークパッドをひとつ薄いサイズにしましょう」

 

チークパッドを取り替えてもらう。

 

「これでいかがですか?」

 

「ちょうどいい感じです。あとは被っている間に馴染んでくると思います」

 

こんなカウンセリングを受けているようにフィッティングが進む。ピンロックシールド(曇り止めのシールド)も取り付けてもらった。←これ、意外と取り付け慎重にしないと上手くはまらない。

 

フィッティングの費用は、メットの代金に含まれているようで、補正用のパッドやチークパッドの交換も追加費用はない。

 

あとは保証書に必要事項を記入して、これで3年間は転倒以外の不具合について補修や部品交換をしてくれる。

 

ライコランドでは、さらに6か月ごとのクリーニングとオプションパーツが10%Offになるカードを発行してくれた。

 

ネットでポチって買いっぱなしでは、いくら安く買えてもこのようなサービスは受けられない。確かにサービスも含めたこの値段なら実店舗で購入する意味は十分ある。(今回は型遅れの特価品だったけど・・・)

 

フィッティングによって被り心地も格段によくなるし、フィットしたメットは、きちんと衝撃を吸収してくれるから、安全性も高まるし、長時間のライディングも差が出るだろう。

 

で、こちらが実物

 

f:id:bullpowerworld:20200521112919j:plain

 

シールドの開閉もスムーズで、なおかつ隙間のない。精度が違うなぁ~ さすがSHOEI。

 

f:id:bullpowerworld:20200521113033j:plain

 

塗装も、よく見るとラメが入っていてとても綺麗だ。クオリティーが高い。

 

 

いいんじゃないの!

 

 

 

実際に走行してみたインプレッションは、またの機会に。

 

 

スポンサーリンク