ブルパワー.com

仕事や趣味、健康、お金など、50代からの人生を豊にするための生き方を思案中。

スポンサーリンク

 

【岐阜ツーリング】御嶽山周辺は絶好のツーリングスポット

 

 

 

 

富士山といえば誰もが知る日本一高い山だが、御嶽山は岐阜県と長野県にまたがる火山で、独立峰としては富士山に次いで2番目に高い山だ。

 

2014年に水蒸気爆発を起こし、多数の登山客が犠牲になったのは記憶に新しい。

 

合掌

 

関東に住んでいた頃は、あまり馴染みのない山だったが、岐阜に越して来てからは、近所の山に登ればくっきりと見ることができるほど身近でシンボリックな山でもある。

 

f:id:bullpowerworld:20200518101515j:plain

裏山から御嶽山を望む

 

そんな御嶽山周辺は快走路も多く、ライダーにとっては絶好のツーリングスポットも多い。

  

f:id:bullpowerworld:20200515170940j:plain

 

そんな御嶽周辺のツーリングスポットをご紹介したい。

 

*  *  *

 

岐阜や名古屋からだと、中央道で中津川まで行って、国道19号から松本方面に向かう。

 

長野県に少しお邪魔して、木曽福島の道の駅で一休みする。この展望デッキから間近に御嶽を望むことができる。

 

f:id:bullpowerworld:20200516194531j:plain

 

木曽福島の先を国道361号線に左折すれば、御嶽に続く気持ちの良い道となる。今の時期は新緑が眩しく、標高が上がればまだ山桜が咲いている。

 

その手前の「おんたけ2240スキー場」には、御嶽スカイラインというスキー場を縫うように走るワインディングがある。よく雑誌で「絶景ロード」と紹介される道だ。



www.instagram.com

www.instagram.com

ここは、終点が御嶽山の登山口である田の原の駐車場になっているので、基本ピストンになる。確かにスキー場だけあって周りに遮るものもなく気持ちいい景色が広がるが、休日は特に観光客をのせたバスが多くて、その排ガスとスピードがストレスで、自分は一度走ったきりだ。


 それより、クルマの少ない国道361号線で高原の風を浴びながら走る方が何倍も気持ちいい。

 

f:id:bullpowerworld:20200515170955j:plain

 

御嶽を一望できるビュースポット。御嶽の麓の村は、日本の原風景が色濃く残っている。こんな風景を見ながらおにぎりを頬張ると最高のおかずになる☺️

 

*  *  *

 

御嶽山は、信仰の山で登山も楽しめる。噴火後の現在ではだいぶ規制が解除され、頂上近くまで登ることができる。

 

まあ、登山趣味のライダーさん以外は、登らないだろうけど・・・

 

f:id:bullpowerworld:20200515165744j:plain

 

 ただね。一昨年に飛騨の登山口から登ったんだけど。そりゃ絶景でしたよ。

 

f:id:bullpowerworld:20200516201458j:plain

 

御嶽の麓は、濃い広葉樹林で苔むしていてね。

 

f:id:bullpowerworld:20200516200819j:plain

 

この時は6月だったんだけど、まだ雪が結構残っている。

  

f:id:bullpowerworld:20200515170129j:plain

 

 森林限界を超えると視界が開けて

  

f:id:bullpowerworld:20200515170116j:plain

 

火口は綺麗な池になっていて、

 

f:id:bullpowerworld:20200516201734j:plain

 

池の脇の山小屋で

 

f:id:bullpowerworld:20200516201824j:plain

 

ビールなんて飲んだら最高です。ツーリングもいいけど、騙されたと思って一回登ってください(笑)

 

*  *  *

 

 

長峰峠からそのまま真っ直ぐ行って高山に抜けるのもいい。

 

でも、県道463号線で濁河温泉に抜ける道もおすすめ。

 

f:id:bullpowerworld:20200516204116j:plain

 

適度なワインディングを走りチャオ御岳スキー場(なんか今年は営業していなかったみたい。スキー場はどこも経営が苦しい上でのコロナですからね)の脇を抜けると、向かいには乗鞍岳の絶景が。

 

f:id:bullpowerworld:20200516204535j:plain


御嶽山と乗鞍岳に挟まれて、まるで天空という名がふさわしい。この辺りは標高が1800Mを超えているから、5月過ぎても道路脇に残雪が残っている。

 

そして、少し疲れたところで、まったり露天風呂でもいかがでしょうか?


 濁河温泉の市営露天風呂は、かなり野趣あふれる露天風呂オンリー。もちろん源泉掛け流し。

 

httpsnigorigo-onsen.jimdofree.com

 

f:id:bullpowerworld:20200516205533j:plain

 

ひとっ風呂浸かったあとは、岐阜や名古屋方面に帰るために国道41号線に降っていく。

 

この濁河温泉から麓の小坂町までは、まったく気の緩めるところのない細いクネクネが待ち受けている。

 

ただ、軽量のSRだと大して難しくなく下れますけど、ブレーキング地獄で腕はパンパンになる(汗)

 

あとはだらだら国道41号で帰ってもいいが、クルマやトラックも多く少々退屈な道なので、時間が許すなら濃飛横断自動車道で郡上方面に抜けて、東海北陸自動車道で帰るというのもいいかもしれない。

 

f:id:bullpowerworld:20200516210907j:plain

 

あたしゃ、皆さんには教えられない楽しい裏道でスルッと岐阜まで帰りますけど(^_-)

 

*  *  *

 

この辺りはいくらでも楽しい道がありますので、ツーリングマップルでも眺めながら、皆さんオリジナルのルートを見つけてくださいね。

 

都心から近い富士山周辺よりは、人もクルマも少なくて、本当にリフレッシュできますよ。3密なんて無縁な世界。

 

あー 走りに行きたーい!

 

ツーリングマップルR 中部北陸

ツーリングマップルR 中部北陸

  • 発売日: 2020/03/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

スポンサーリンク