ブルパワー.com

仕事や趣味、健康、お金など、50代からの人生を豊にするための生き方を思案中。

スポンサーリンク

 

ツーリングで転倒した中年男性が全国的に報道され晒される恐ろしさ。

 

 

 

 

”東京のツーリング男性転倒”

 

先日、こんなキーワードがTwitterのトレンドになっていた。 

 

東京都在住のライダー(56)が、山梨県にツーリングに行って、途中で転んで背骨を折る重傷を負ったって話で、

 

これがSNSやコメントで「コロナで自粛中なのにツーリングなんかに行きやがって!」

 

と、メチャクチャ叩かれている。

 

さらに実名から年齢、住所地まで報道されちゃうんだからね。それも全国紙の産経新聞で、Yahoo!ニュースのおまけ付き。

 

フツーだったらさ。中年のオッサンがツーリング行って転んで怪我したって、地方紙の片隅にすら載らない話でしょ。

 

それが「コロナ自粛中」の出来事になれば、こんなに大きく取り上げられて、晒されて、叩かれて・・・ホントに可哀相といか言えない。

 

自粛は自粛であって、3密を避けましょうという趣旨で、オートバイで近場をぐるっと回ることが(山梨にツーリング中とはいえ、この男性は青梅の人でそれほど遠くにツーリングしていたとはいえないみたい)、わずかな感染リスクと医療崩壊寸前で現場は大変なときにみたいな理由を付けて、犯罪でも犯したような勢いで叩きまくるのってちょっと異常な光景に映る。まるで戦時中の「贅沢は敵」みたいな・・・

 

医療崩壊は人口の多い都会の話で、地方の病院なんて、年寄りが「自粛」して通院しなくなってむしろ患者は減っている。全国が東京や大阪などの都市基準で動いているわけでない。

 

自宅で大人しく「自粛」している人から見れば、バイク乗って遊んでいること自体が面白くない話で、罰が当たったと言いたいんだろうけど、同じバイク乗りとして思うことは、そこまで人を落とし込む必要あるのか? 大怪我して大変なうえに社会的な制裁まで下されなければならないことか?

 

4月から梅雨入りする6月初旬までが、暑くもなく寒くもなく、新緑がまぶしく、バイク乗りにとって最高の季節。それが今だ! 

 

最近は夏は酷暑で股下にエンジンがあるバイクは「熱地獄」で、残暑も厳しく長いから秋も短くてすぐ冬になって乗れなくなってしまう。そんな待ちわびた季節に「自粛」だなんて、泳ぐことを止められたマグロと一緒。コロナより酸欠で死んでしまうよ。これはライダー共通の思いだ。

 

我慢しろと言うけれど、いつまでも我慢し続けることができるのか? 緊急事態宣言が延長されても、もう無理っぽいぞ。みんな無視して収拾つかなくなりそうだ。

 

*  *  *

 

今回のコロナって、前にも書いたけど、ワクチンが開発されることと、人口の7~8割が感染して免疫を獲得することの2つの条件が揃わないと収束しない。たぶん、間違いない情報だ。

 

www.bullpowerworld.com

 

 もうね。 ハイリスクの高齢者とか、基礎疾患のある人だけ何らかの感染予防の措置をして、一般人は通常の生活に戻れるような出口戦略を考える時期じゃない。

 

分かりやすいのは、前と同じ「WIRED」の記事。

 

wired.jp 

新型コロナウイルスの感染が広がるにつれ、高リスク者を特定するためのマーカーの開発が急がれている。最初の震源地となった中国、そしていまのところ世界で最も死亡率の高いイタリア(12.97パーセント、ジョンズ・ホプキンズ大学調べ)で明らかになっている重症化の傾向は、男性、高齢者、持病もち(高血圧、心疾患、糖尿病、ぜんそくなど)だった。

 

 

 男性、高齢、基礎疾患、肥満が特に危険と言うことか。子どもはどうだ?

 

wired.jp

子どもや若者でも重症になるケースがないわけではない。その場合、ぜんそく、心臓病、免疫力の低下(例えば、がん治療など)といった基礎疾患のある患者がほとんどだという。

 

*  *  *

 

 カミさんのパート先もしばらくお休みで収入が途絶えて世帯収入は減るし、ムスメは高校生活の貴重な時間を家で持て余している。インターハイも中止になって(ムスメはサッカー部)、今年の3年生は特に無念だろう。

 

社会の雰囲気も「自粛警察」に「マスク買い占め」とか「ツーリングオヤジ叩き」まで殺伐としているし、このままじゃ、医療だけじゃなく、日本の経済も家庭もモラルも、すべて崩壊するよ。

 

それにしても、日本は感染者数も死亡者数も諸外国に比べると凄く少なくない? 無症状とか軽症で済んでいる人も含めれば、実際の感染者数はこの数十倍の数値なんだろうけど、死亡者数が極端に少ない。

 

f:id:bullpowerworld:20200430142952p:plain

 

最新情報はこちら → https://hazard.yahoo.co.jp/article/20200207 

 

この自粛要請の規模と、実際の死亡率の低さがどうも腑に落ちない。もしPCR検査数が増えて、仮に感染者数が増えても死亡者数が同時的に増えなければ、統計上はさらに感染死亡率は低くなる。専門家の意見は本当に正しいのか? もしかしたら、他の国がやっているから慌ててやってるのと疑うぐらい対策は大々的で稚拙だ。交通事故や不慮の事故、他の病気だって、数倍、いや数十倍、数百倍の人が亡くなっているのに、その対策があまりにも対照的すぎる。

 

日本は、実は我々の知らないところで、情報が操作され、何かに誘導されているような。そんな気がするのは、ホントに気のせいだろうか?

 

www.bullpowerworld.com

 

もう、仕事以外やることなくて、ブログも書くネタすらありゃしません。コロナには嫌気がさしてきたし、コロナ関連のネタはこれで最後にするつもり・・・ 

 

スポンサーリンク