ブルパワー.com

仕事や趣味、健康、お金など、50代からの人生を豊にするための生き方を思案中。

スポンサーリンク

 

【新型コロナウィルス】パンデミック収束の先にあるもの

 

 

 

 

f:id:bullpowerworld:20200414094532j:plain

 

国をあげて、いや、世界中で新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐための措置が取られているが、果たしてウィルス自体を完全に封じ込めることができるのだろうか? パンデミックはどうしたら収束したと言えるのだろうか?

 

そんな素朴な疑問が湧いてきて調べてみた。

 

*  *  *

 

リンクにある「WIRED」の記事がわかりやすい。

  

「疫学の専門家で医師のラリー・ブリリアントは、自分は未来を映し出す水晶玉をもっているわけではないと言う。だが、ブリリアントは14年前のTEDトークで、今後起こりうるパンデミック(世界的大流行)がどのようなものになるかを正確に予想していた。」

 

wired.jp

 

目に見えないウィルスを完全に封じ込めることなんてできない。それはそうだろう。では、私たちは、ウィルスに怯えずに暮らせる日常にいつ戻れるのだろうか?

 

十分な人数が感染して抗体をもつようになり、さらにワクチンがあるという状態です。このふたつが達成されれば、集団免疫が獲得されます。これは人口の70〜80パーセントが免疫をもっている状態です。

 

つまり、多くの人が感染して新たな免疫システムをもつことだという。ようは感染は免れないんだ。いま、各都道府県で何人という報道がされているが、それは感染拡大のバロメーターとしては意味があるが、いずれ多くの人が感染することになる。たぶん自分も。

 

じゃ、なぜ感染拡大を遅らせなければならないのか。

 

つまりこうだ。突き詰めれば理由は2つ。

 

1つは、新型ゆえに誰も抗体を持っていない。だから一気に感染が広まる。すると重症者が増えて医療崩壊を起こしてしまう。重症者の人数を少しでも緩やかにして医療崩壊を防ぐ必要があること。

 

2つめは、ワクチンの開発する時間を稼ぐこと。ワクチンを開発するのに1年や1年半はかかるらしい(新型であるからワクチンがいつ完成するかという保章はないらしいが)。それまで、できるだけ感染者を減らして新型ウィルスで落とす命を減らすこと。ワクチンが開発されれば、落とす命を救えるようになる。

 

「免疫」と「ワクチン」

 

この2つが揃って初めてパンデミックが収束するという。 だから感染拡大を防いで時間を稼ぐ必要があるのだ。

 

最低でも、おおよそ1年半から2年ぐらいの時間が必要みたいだ。

 

そうか。まだ始まったばかり。

 

*  *  *

 

スペイン風邪の時のような時代と違って、社会も経済も複雑さを増している。収束宣言が出される頃には、より一層複雑で多様な社会になっていそうだ。仕事(働き方)も学校(学び方)も政治(政策の決め方)も行政(国と地方のあり方)も。たぶん、これまでとはまったく違う風景になっているような気がする。

 

気がするだけかな?

 

スポンサーリンク