ブルパワー.com

仕事や趣味、健康、お金など、50代からの人生を豊にするための生き方を思案中。

スポンサーリンク

 

【SR400】ハイスロットルプーリー装着

 

 

 

 

北海道ツーリングの時に、岬の駐車場に停めたら風で煽られて自爆したSR

 

幸い大きな損傷はなく、グリップが破れてスロットルパイプも少し欠けた程度。

 

運転する際に支障はないんだけど、破れたまんまにしておくには忍びない。 

 

f:id:bullpowerworld:20191105153753j:image

 

SR400はノーマルグリップが一番よく似合うと思っているので純正品を注文。ついでといってはなんだが、以前から気になっていたアントライオンの「ハイスロットルプーリー」も一緒に注文した。

 

f:id:bullpowerworld:20191105153756j:image

 

 

SRのアクセルは、かなりアクセルを捻らないと全開にならない。手首じゃ足りずに肘まで下げて捻る感じだ。

 

アントライオンのハイスロットルプーリーは、スロットルホルダーやパイプはノーマルのまま、インジェクション側に付いているアクセルワイヤーで開け閉めする丸い部品(プーリー)を交換するだけで、ノーマルの8割ぐらいのアクセル開度で全開にできる。 

 

f:id:bullpowerworld:20191105153750j:image

 

こちらがノーマルのプーリー

 

f:id:bullpowerworld:20191105153800j:image

 

こちらがハイスロットルプーリー。ゴールドがちょっとアクセントになるでしょ。取り付けは簡単。プーリーを止めているナットを外して付け替えるだけ。アクセルを戻すスプリングの先が指に突き刺さったけど・・・

 

自分のSRはマフラーのみOVERに変えているが、他はあまりカスタムしてはいない。マフラーだけは単純に見た目と音だけで変えた。ノーマルがおとなしすぎるのと(排気音がスーパーカブみたい)、砲丸型のサイレンサーが好みだからだ。端からパワーアップなんて期待していなかったけど、多少抜けがよくなって高回転までよく回るようになった(気がする)。

 

f:id:bullpowerworld:20190516170734j:plain

 

基本的に素のSRの形が好きだ。「これぞバイク!」という外観、とくにティアドロップのタンクに空冷エンジンのフィンに萌える。あれこれいじったところで、所詮シングルの400ccだ。リッターバイクみたいな加速するわけではないし、最新の電子制御満載のバイクみたいに速く走れるわけではない。

 

そもそものんびりコトコト走るバイクだから、カスタムは実用的な部分だったり、乗りやすくなったりするパーツのみ交換や装着している。

  

www.bullpowerworld.com

 

www.bullpowerworld.com

 

 ただリアサスペンションだけはダンパーも効かず、あまりにもフニャフニャなんで、そのうち社外品に変えようと思っているけどね(汗)

 

さすがに夏場はオイルクーラー必要な気がしてきた。油温が軽く100度を超えてくる。たぶん今の真夏の気温は40年前の開発時には想定外だっただろう。その前に人間がオーバーヒートしちゃいそうだけど。

 

さて、ハイスロットルプーリーを試すために、いつものワインディングに出かけてきた。

 

f:id:bullpowerworld:20191105153747j:plain

 

スタート時にこれまでクラッチつないでからもうひと捻りしないと加速しなかったのが、これまでのアクセル開度で十分加速するようになった。コーナーの立ち上がりも、肘まで下げないと立ち上がっていかなかったのが、フツーにアクセル捻るだけで後輪にトルクを掛けられる。

 

ややアクセルが重たくなるのがデメリットだけど、それを上回るメリットがある。こんな小さな部品が5000円もするけど、投資しただけの効果はあった(あくまで個人的感想です)。

 

ちなみに、グリップ替えるときにスイッチボックスのプラスのネジが外れなくて思いっきりなめてバイク屋に駆け込んだのは内緒だ(笑)

 

 

 

スポンサーリンク