ブルパワー.com

仕事や趣味、健康、お金など、50代からの人生を豊にするための生き方を思案中。

スポンサーリンク

 

刃を研ぐ

 

 

 

 

特に予定のない日曜日

 

午前中は近所の山を2時間ほど走って、

 

f:id:bullpowerworld:20190602184751j:plain

 

シャワーを浴びて、

 

パスタを茹でて朝・昼兼用の食事をする。

 

カミさんパートでいないし、

 

ムスメは部活が休みで、友だちと遊びに行った。

 

一人家にいる休日なんて久しぶりだ。

 

そういや、包丁の切れ味が悪くなっていたな。

 

今日は晩飯当番だし、包丁の刃でも研ぐか。

 

f:id:bullpowerworld:20190602134134j:plain

 

学生の頃、寿司屋で3年バイトしていて、自分で使う包丁は自分で研いでいた。

 

やり方はほぼ自己流だけど、かなり切れ味が蘇る。

 

砥石を水に5分ほど浸して、よく水分を含ませる。

 

f:id:bullpowerworld:20190602134741j:plain

 

普段使う包丁は、安物の小ぶりのもの。小さいほうが小回りが利いて使いやすい。

 

f:id:bullpowerworld:20190602134910j:plain

 

砥石の下には、要らなくなったタオルを敷く。砥石を固定るすのと、砥石の擦れた粉が台所を汚さないようにするためだ。

 

親指を刃と砥石の間に入れて、人差し指と中指で刃を一定の角度に固定して、始めはゆっくり、次第にリズムよく押したり引いたりを繰り返す。

 

f:id:bullpowerworld:20190602135236j:plain


砥石と刃が擦れる音が耳に心地良い。

 

この時は、ほぼ、何も考えていない。無心というやつだ。

 

1本研ぐのに5分ぐらいだろうか。とにかく集中する。

 

特に先端をよく研ぐと、切れ味が良くなる。

 

良く研いだ包丁で調理をすると、料理も美味しくなる。

 

肉や魚を切った時、断面の細胞が綺麗に揃うかららしい。野菜、特にトマトなんか軽く包丁を落としただけで、綺麗にスパッと切れる。

 

調理が楽しくなる。

 

 

 

 

刃を研ぐ。

 

砥石と刃の擦れる音。

 

集中力が高まり、無心になる。

 

そしてだんだんと心が安定してくる。

 

 

 

 

家の包丁を全部研ぎ終わると、

 

いい感じで充実感がある。本当にたわいも無いことだけど、家でゆっくりする休日もいいものだ。

 

そう毎週、バイクに乗ったり、遠くの山に出かけてばかりもいられないし、最近歳なのか、休日に出かけることが億劫になる時がある。

 

そんな時は今日のように、近所を軽く走って、シャワー浴びて、刃を研ぐ。

 

そのあと一杯コーヒーを淹れて、ゆっくり味わう。

 

f:id:bullpowerworld:20190602140818j:plain

 

今日の晩飯、何しよう?

 

そんなことを考えながら、たぶんこのあと昼寝するな(笑)

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク