50歳からの迷走地図

仕事や趣味、健康、お金など、50代からの人生を豊にするための生き方を思案中。

スポンサーリンク

私の未来予想図

 

 

この「50歳からの迷走地図」のタイトルには、50歳を過ぎ、新しい自分、今とは違う自分になるための、自分だけの地図を描いていこうという思いを込めている。

 

ひとまず、60歳までのこの先10年間で、右に行ったり、左に行ったり、たまに寄り道したりしながら、自分らしい生き方を見つけていくつもりだ。

 

www.bullpowerworld.com

 

上の記事にあるように、いままで、自分はサラリーマンしか経験していない。組織の中で役割を果たし、組織のためと思って辛いことも苦しいことも堪えてきた。

 

時には、仲間とともに歓び、達成感も味わった。それは、間違いなく自分の人生の一部だ。

 

でも、もうそろそろいいんじゃないかなと。子どもも成長し、もうすぐ自立していく。家のローンも先が見えてきた。

 

これから先、定年が65歳になるとか、雇用延長とか、60歳以上になっても働くことが当たり前の社会になる。

 

でもね。

 

10代後半から20代前半で社会に出て、サラリーマンを続けてきた人が、人生100年時代と言われるなかで、60歳過ぎても雇われのサラリーマンの延長でいいの?

 

未来予想図は、自分で描くもの。これだけ社会が激動する世の中で、これまでの人生の延長が安泰なはずはない(と危機感を持っている)。

 

自分の未来予想図は、これまでのサラリーマン人生にできるだけ早く、健康なうちに終止符を打つことだ。

 

そして、人に役立つ商品なり、サービスを、自分の力でつくり出していきたい。できれば自分の好きな分野で。

 

実は、3年ほど前から古いしがらみの人間関係を整理し、保険やら通信費、子ども関係の月々の固定費を見直した。専業主婦だった妻には働いてもらい、生活費の一部を負担してもらうことにした。

 

 

www.bullpowerworld.com

 

 

浮いたお金は投資などの資産形成に回している。そうして資本を整え、投資に値する新しいアイディアを考えている。

 

つまり。。。

 

一家の大黒柱を辞めることにしたのだ。

 

自分の人生を家族を養うこと(家族のためにとか縛られる男の性的役割分担からの解放)や、組織(指揮命令系統からの離脱)から取り戻すための50代にしたいと考えている。

 

自分の未来(老後とも言う(笑))は、自分でコントロールしたい。

 

たぶん、70歳でいい感じに成功しているはずだ。きっと・・・

 

スポンサーリンク
 

 

 

POLA×はてなブログ特別お題キャンペーン #私の未来予想図

バナー
Sponsored by POLA