50歳からの迷走地図

仕事や趣味、健康、お金など、50代からの人生を豊にするための生き方を思案中。雑感を綴ります。

スポンサーリンク

50代は身体資本をつくるラストチャンス⁉︎ まず「禁煙」

 

 

新年 あけましておめでとうございます。

 

お正月はいかがでしたでしょうか。

 

あたしは、お山を走って、温泉に行って、カミさんの実家でお酒飲んで・・・

 

ゆっくり過ごさせていただきました。

 

さて、本年1発目の記事は「禁煙」について。

 

20代や30代の頃、酒を飲んだり、タバコを吸ったり、徹夜で遊んだり仕事したり。

 

ずいぶんと無理をしてきたけど、健康は当たり前で、それほど身体に気を使わなくても大丈夫だった。というより、大丈夫だと思い込んでた。

 

40代になってくると、だんだん体力も落ちて徹夜なんて到底無理。運動しないで飲んで食べてでどんどん太ってくるし、このままじゃ、「おれ、病気になるんじゃないか?」と焦ってくる。

 

そんでね。

 

カラダに一番よくないことって考えた。

 

やっぱり「タバコ」だと思う。

 

カラダに悪くて、金はかかるし、周りに迷惑かけるし・・・

 

何一ついいことないじゃないか~!

 

 人には言えないが(ネットでゆーんかい!)、中学生からタバコ覚えた。昭和だ。80年代だ。最近ツッパリのドラマやってるけど、あれがリアルだった時代だ。バイク乗って、タバコ吸って・・・

 

今の時代信じられないだろうが、結構フツーのことだった(よね?)。

 

パソコンなんてない。スマホもない。ネットもないから、SNSとかもない。ゲームはゲーセン行かないとないし、金もかかる。ファミコンは初代が出たばっかりぐらいだけど、金持ちの家にしかない。

 

つまり、引きこもるインシデントもないし、情報もない。青春真っ盛りの男子のやることといえば、部活に燃えるか、帰宅部はバイクにタバコにおねーちゃんナンパ、そんなことしかなかった時代だ。

 

話が逸れた。戻ろう。

 

禁煙は、40代で1年止めては、2年吸ってで、なかなかキッパリ止められない。どうも、お酒の席で吸ってしまうことが多い。

 

ただ、山登りやトレランを始めると、喫煙の悪影響が半端ない。息は続かないし、途中で吸いたくなるけど、いまどき山でタバコ吸う人なんていないから、我慢するけど辛い。

 

止めて吸って、止めて吸って・・・

 

それで約1年前に禁煙するときはアイコスにしていた。煙が出ないから紙巻きよりはマシだろうぐらいで吸っていたのだが(1日20本程度)、これが、どうも調子が悪い。

 

毎朝、気持ちが悪くて 吐き気が止まらない。

 

もうカラダが悲鳴を上げているんだなと思った。

 

そこで、タバコを止めた。

 

f:id:bullpowerworld:20181214095628p:plain

(今日の時点で、348日になってました) 

 

今回の禁煙は、禁煙補助剤もクスリも一切使わなかった。最初の1週間ぐらいは、禁断症状で頭痛がしたり、眠くなったり、イライラしたりしたけど、あの気持ち悪いのを思えばまだましと考えた。

 

これがよかったみたい。前はいつまで経っても吸いたい気持ちが収まらなかったが、今回は大丈夫そう。

 

ただ問題が・・・途端に5キロ太った。

 

メシと飲酒が増えるんですよ。おまけに、去年の夏は暑かったから、あまり運動もできずに、ダラダラしたのが悪かった。

 

ひとつ止めると、ひとつ問題が増える。

 

お酒を止めれば、たぶん体重は減る。というか、この前3日飲まないだけで1キロ減った。

 

現代人は、贅沢な暮らしと引き換えに、さまざま問題を抱える。でも、禁酒・禁煙して食事も節制してダイエットして、健全な暮らしを全うするのって、それはそれでストレスのような?

 

ただ、やっぱり健康じゃないと、人生を楽しむことはできないし、いま50代で身体づくりしてないと60代、70代で差がでるような気がする。

 

今の時代、100年生きる時代と言われているけど、健康寿命をいかに延ばすかが大事。

 

とりあえず、今回は禁煙続くようがんばります。はい!

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク