50歳からの迷走地図

仕事や趣味、健康、お金など、50代からの人生を豊にするための生き方を思案中。雑感を綴ります。

スポンサーリンク

トレイルランのすすめ

 

 

体重増加が止まらない(;´Д`)

 

今でこそ、トレイルランの大会にも出るようになりましたが、

 

www.bullpowerworld.com

 

 もともと、マラソンとかは苦手だったんですね。

 

20代~30前半はマウンテンバイクのダウンヒルにハマるなど、スポーツは大好き。と言うか乗り物が好きなんです。

 

一方で持久系で苦しいのはちょっと・・・って感じ。

 

30も半ばになってくると、それなりに仕事もできるようになり、責任ある立場になって仕事も忙しく、だんだん運動から遠ざかり、

 

気がつけば40代半ばまで不摂生して、

 

体重増加が止まらずに・・・

 

身長167センチで体重75キロ!(というか、75キロ過ぎてから体重計乗ってない) という貫禄ある体格に (=□=;)

 

タバコも吸うし(現在は禁煙中)、酒も飲む。体にいいこと何一つもありません。

 

今でこそ、タバコ吸う人の割合減ってきたけど、自分たちが学生の時は男性の8割ぐらいは吸っていたんじゃないかな。そのまま20数年吸い続け、走れば息切れ、たまにスポーツした後はビールジョッキを傾ける。

 

たぶね。忙しい40代のサラリーマンって、そんな人多いんじゃない。

 

そして、みんなから「太った」だの、家族からは「たばこ臭い」だの言われ、だんだんと肩身が狭くなり「こんな生活していたら、病気になる」と思い始めて、40半ばで一念発起。。。

 

「まずは痩せる!」

 

と、思い立ったのよ。

 

トレイルランをはじめたきっかけ

 

ダイエットを始めようとすると、だいたいジョギングとかしたりしますが、あれがなかなか続かない。

 

そこで、山に登りはじめた。それも、会社の出勤前・・・

 

はぁ?

 

でしょ。

 

都会に住んでいる人は信じられないかもしれませんが、岐阜はね。

 

そこらじゅう、山だらけ!

 

なんですよ。3000メーター級の北アルプスから岐阜城そびえる金華山などの300メーターぐらい低山まで、山歩きには事欠きません。

 

家の近所にも、300メーター前後の山が連なる「各務原アルプス」というのがあって、休日には、多くの人がトレッキングにやって来ます。

 

で、とりあえずジョギング代わりに片道30分ぐらい、高低差約250メーターの山に登りはじめたのね。

 

最初は、まあーしんどい (>_<)

 

体も重いし、結構勾配もきつくて、足がぷるぷるするんだけど、

 

山頂について、朝の空気が澄んでて、朝日がちょうど昇ってきて、なんだか「1日がはじまる~ なんか気持ちいい~」って爽快な気分になって、意外とこれが続くんですよ。早朝登山。

 

f:id:bullpowerworld:20181115162858j:plain

雨の次の日の朝は、雲海のように霧が立ちこめる。 

 

夜の炭水化物も抜いて、3か月もすると、

 

70キロ切っとる!

 

そこから、登山にハマってね。トレッキングシューズ買ったりして、もう少し高い山に登るようになったんだけど(そのお話しは別の機会に)、

 

トレッキングシューズって、意外と高いのね。それが週に3~4日登ってると、すぐダメになる。

 

そこで、ネットで安く出てたトレランシューズを買った。

 

f:id:bullpowerworld:20181115160428j:plain

 サロモンXA PRO

 

 

 

これが、調子いい。足下が軽いとサクサク登れてね。

 

もしかしたら、走っちゃったら、もっと減量効果あるんじゃね?

 

恐る恐る走り出したら、

 

「最高に気持ちいい!」のよ。

 

シングルトラックのトレイルを走り出すと、道が狭い分スピード感があって、木々が次々後ろに流れて、前には時に岩や木の枝が張り出していて、それを避けながらサクサクと駆け抜ける・・・喜び(体重もだいぶ減りました)。

 

f:id:bullpowerworld:20181115162835j:plain

 

もちろん登りは歩いたりするけど、そのアップダウンの変化がいい刺激になる。そして、途中、景色のいいところで、お茶飲んだり、補給食食べたりして、あんまりストイックにタイム詰めたりとか、そういうのないので、マイペースで楽しめる。

 

f:id:bullpowerworld:20181115163208j:plain

 

  

 ロードだと、道は単調だし、クルマが横をビュンビュン通り過ぎて排ガス浴びて、あんまりね。気持ちよくないのよ。それにアスファルトって、かなり膝や足首に衝撃があって、自分はあまり長く走れない。

 

その点トレイルは、地面も柔らかいし、負担少ないんだよね。

 

最近はテレビでグレートレースとかトランスアルプスジャパンとか放映されるようになって、トレイルランもだいぶ知られるようになり、大会なんかも数多く開催されるようになりました。

 

ランやっている人も、たまには郊外に出かけて、ゆるくトレイルを走ってみてはいかがでしょう? 

 

 

スポンサーリンク